たこ焼き作り(銀だこ風)キムチが最高に合う!第3回

たこ焼き作り方

たこ焼き作ってみた(銀だこ風)第三回目の記事です。今回は銀だこで一番好きな「ねぎだこ」風にタレではなくつゆを作ってみました。すでにたこ焼きの粉袋を3回購入していることから(1袋で約80個)160個以上作っている事になります。次の動作と手つきも慣れてきて、たこ焼き粉によって水と混ざりにくい物があることもわかってきました。

材料を購入したスーパーは3店舗、ヤマナカ、ドミー、マックスバリューをハシゴして素材厳選重視!最近ではスーパーのどこの棚に何が売っているかまで把握してスムーズにまわれます。

たこ焼きの材料など紹介

たこ焼きの材料

たこ焼きの材料
生地作り
・たこ焼き粉(100g)
・卵1個
・水(300cc)
・ダシ(粉末タイプ)
※ほんの少し、なくても可能(気持ちの問題)

具材など
・タコ(刺身用)
・キムチ
・チーズ
・小エビ
・天かす
・青のり
・ゴマ油
・ねぎ
・紅しょうが

ソース系
・たこ焼きソース・マヨネーズ・マスタード・からし

今回はソースがメインではないので「つゆ作り」を大根おろしとめんつゆで作ります。銀だこのねぎだこにはかかせないつゆですが、買ってから気づいた事!なんとめんつゆではなく、銀だこのつゆは天つゆだった・・・まさかの間違いですが、そう変わらないかな?とポジティブに考え作ります。

たこ焼き作り方

たこ焼き作り方

※タコとチーズ、白ネギは切った所からはじめます。生地作りに混ぜる器はボールではなくラーメンの器、最初がこれで作ったことですでに慣れてしまいどの辺まで水を入れれば約300ccになるのか分かっていることから。

①水300ccに卵1つを入れてかき混ぜます。ダシの素少々を入れてからたこ焼き粉100g入れますが、玉ができないように少しずつ混ぜていきます。

②鉄板にゴマ油をキッチンペーパーを丸めたものを使い、均等に隅々まで塗りタコ焼き器のスイッチをオン!1分くらい暖めてからたこ焼きの生地をスプーンで流し込みます。

③たこ焼きの生地を鉄板に流し込む時は、7~8分目までいれてタコ、チーズなど好きな具材を入れます。入れ終わったらまた生地をあふれるまで流し込みます。

たこ焼き作り方

④小エビや紅ショウガ、青のり、天かすなど小物系をいれます。少し焼けるのを待ちますが、その時間でめんつゆと大根おろしを混ぜてつゆを完成させました。

⑤生地をひっくり返して丸めていきますが、徐々に焼きながら丸めていきます。自分はハシを使って丸めていますが、たこ焼きピック(長いつまようじ)のほうがクルクルと回せるかと思います。

たこ焼き完成 キムチ(ねぎだこ風)オレ流

たこ焼き作り方

たこ焼きの上にキムチ、白ネギ、紅ショウガ、青のり、ソースを少々かけて完成です。前回ではキムチをたこ焼きの具として中にいれて微妙だったので、今回は上に乗せてたべましたが、キムチがたこ焼きとすごい合いました!中にチーズが入っているので「まろやか感」もあってキムチで少しピリ辛感が出てとてもおいしかったです。

「天つゆ」と「めんつゆ」の間違えでしたが、めんつゆでも意外といけました!銀だこの「ねぎだこ」をイメージしましたが、中々のものなので参考にしていただけたらいいと思います。たこ焼きを初めて作った記事を見てもらえればわかるように、意外と簡単に作れるのでおすすめです!

たこ焼き作ってみた(銀だこ風)初心者料理
年末に豊橋市内にある某スギ薬局のポイントが貯まっていて、商品をたこ焼き器(20個用)を選んだことから始まります!ポイント交換して年も明け今年人生初のたこ焼きを作りましたので...
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク