Amazonアソシエイトにyoutubeチャンネル審査の仕方!リンクの作成も説明!

動画といったら「Youtube」というように、今や動画サイトではかなりメジャーになっているyoutube!キッズ達のあこがれの職業の中にもyoutuber(動画投稿者)が入っているほどの人気ぶりで、動画は様々なジャンルに分かれていることから自分の趣味に特化したチャンネルを見ている人もいると思います。

つい先日いつものように好きな登録しているチャンネルにある動画を見ていた時の事、動画の概要欄(説明欄)を見ているとアマゾンのリンクが貼られていることに気づきました。大手人気youtuber(事務所所属など)だと企業からも商品提供があるようですが、自分が見ていたのはそこまで大きくないチャンネルで、アマゾンリンクが貼られていたのでちょっと気になり調べてみました。

その結果!おそらくサイト運営(ブログ運営)をしている人ならご存知のアマゾンアソシエイトではyoutubeのチャンネルも審査して承認(審査合格)されれば各動画の概要欄にアマゾンリンクを貼ることが出来る事を知りました!サイトやブログでしかアマゾンアソシエイトの商品リンクを貼れないと思っていたので、意外で、今年になってからアマゾンアソシエイト審査を出して合格した自分はさっそく試してみたくなり自分のyoutubeチャンネル(弱小で登録者も少ない)を審査に出してみました。

ブログでamazonアソシエイト審査合格した記事

amazonアソシエイト審査に合格!再審査でやったことを紹介【登録方法】
アマゾンアソシエイトの審査に合格したので、もしこれから登録申請して始める人の為にも参考になる記事を作成したいと思います。自分がアマゾンアソシエイトの審査登録を初めてしたのが...

今回の記事では、アマゾンアソシエイトで自分のyoutubeチャンネルの審査依頼をして合格したことから、審査の手順や実際の商品リンクの作成まで説明してみるので、youtubeチャンネルを持っていて動画投稿している人は参考にしてみてください。

※自分の状況はすでにアマゾンアソシエイトのアカウントがあり、ブログで審査合格していてアマゾンリンクが貼れる状況です。注意点はアマゾンアソシエイトは審査承認されていないブログ、サイト、チャンネル動画概要欄などに商品リンクを作成して貼ると規約違反になるので注意!必ず審査して承認されてからなのでくれぐれもこの点には注意してください。

アマゾンアソシエイトにyoutubeチャンネル審査の仕方

アマゾンアソシエイトのアカウントがすでにあり複数のブログやサイトを審査して承認した経験のある人だと、申請登録の仕方は同じで、あらかじめ自分のyoutubeチャンネルのURLを知っておく必要があります。自分のyoutubeチャンネルは本当に弱小で、審査して承認されるのかな?と思っていましたが、一発で承認(合格)されたことからそこまで審査は厳しくないようにも感じました。むしろ新規でアソシエイトアカウントを作り一発目のブログを申請審査した時のほうが厳しかったように思います。

申請審査の仕方

説明はamazonアソシエイトログイン状態からはじめます。

ヘルプ→お問い合わせの順

ブログやサイトを複数追加する為の申請審査の時と同じです。

お問い合わせフォーム画面になるので、それぞれ必須項目などを記入!件名のところは、「アカウント情報の変更、登録URLの追加など」を選択。

WEBサイトのURLはyoutubeチャンネルのURLを記入。

「https://www.youtube.com/channel/英数字●●●●●●」チャンネルのトップ画面でこのURLが出ると思うので、コピーして貼り付けます。チャンネル内の動画URLと間違えないように!

コメント欄には、新しく申請審査したいという内容の文を書き、分かりやすいようにyoutubeチャンネルのURLとチャンネル名を書いてみました。そして画像の文字を入力したら「送信する」を押し申請審査は完了です。

自分の場合は夜に申請審査を出して、翌日に登録してあるメールアドレスに審査結果がきました。

無事に承認され一発合格!

少し画像がつぶれて文字が見づらいかもしれませんが、実は申請審査の時のお問い合わせフォームのコメント欄に「審査に通れば各動画の概要欄(説明欄)に商品リンクを貼って本当に大丈夫?」という質問をしました。その返答も審査結果と同時にきていて、「動画の概要欄にリンクを設置いただいて問題ございません。」とのこと!さすがショッピング大手のサイトだけあり、回答も早いと感じました。

無事にyoutubeチャンネルの審査が承認されたら最初にやる事がアマゾンアソシエイトの登録サイト欄への「youtubeチャンネルURL」追加!

アマゾンアソシエイトにURLを追加

アマゾンアソシエイトのトップ画面のアカウントの部分から「アカウントの管理」を選びます。

するとアカウント情報が出てくるので、「ウェブサイトとモバイルアプリの変更」を選択。

ウェブサイト情報の入力の所に、今回承認されたチャンネルURLを貼り付け追加→確認の順。下の場所にはすでに承認された登録済みのURLが表示されていて、登録可能なのは最大で10件までとなっています。

一番下に今回承認されたyoutubeチャンネルのURLが登録されました。これで承認されたURL追加のほうは完了です。

アマゾンアソシエイト規約の注意点!

後は、商品リンクを作成してyoutubeの各動画の概要欄に貼るわけですが、審査承認されて思ったのがアマゾンアソシエイトの規約!アマゾンアソシエイトは比較的規約が厳しい事も有名で、規約違反をしてしまった人などググルと色々な内容の違反が出てきます。自分は今までブログでアソシエイトを使っていた為、youtubeチャンネルの概要欄にリンクを貼るとある事に疑問を感じました。

それは「Amazonアソシエイトプログラム参加者であることの明記」をどこに書けばいいのか!ブログの場合はリンクを貼っているページ全部に明記ではなく、ブログのどこかに明記すればいいという認識で簡単なプライバシーポリシーを作成してそこに明記しています。でもyoutubeの動画となると、どこに明記すればいいのかわからなくググッてみてもその回答となる内容が見つからなかった為、「アマゾンアソシエイトのお問い合わせ」で聞いてみることにしました。

質問内容

アマゾンプログラム参加者であることの明記をyoutube各動画の概要欄に書くのか?それともチャンネルの概要欄に書けばいいのか?という質問をしてみました。

回答内容

「アソシエイト・プログラム・コンテンツの表示を許可した他の場所のどこかに」とご案内しておりますため、各動画に記載いただく必要はございません。

概要の箇所に記載いただいても問題ございません。との返信がきたので、この点を見るとブログとも同様に思えました。

もしこれからアマゾンアソシエイトで商品リンクを貼る場合は、一度じっくりと規約を見て規約違反しないように注意は必要に感じます。

Amazonアソシエイト・プログラム運営規約

特にアソシエイトの参加者である事の明記の件は「10、乙がアソシエイトであることの表示」に書いてあるので、これだけに限らずよく読むことをおすすめします。

リンクの作成

商品リンクの作成について!ブログの記事ではHTMLコードリンクを貼るわけですが、youtube動画の概要欄にはリンクのURLを作成して貼るようになっています。おそらくyoutube動画の説明概要欄にURLリンクを貼ってあるのを見た事ある人もいるかと思いますが、そのリンクの作成方法を紹介!リンクを貼っている人の動画を見ると短縮URLが結構多く、長いURLよりも短縮されていたほうが見た目的にもいいように感じるので短縮したURLリンクを作成してみました。

もしかしたら他にもリンクの作成方法があるかもしれませんが、自分の場合はこういう感じで作成したので参考までに見てください。

アマゾンアソシエイトのトップ画面→商品リンクを選択。

カテゴリーをすべてで検索キーワードに入力すると、そのジャンルの商品が多数出てくるので、選んでリンクを作ることになります。

検索キーワードで出てきた商品の中から、リンクを作成したい商品の右側にある「リンク作成」横の三角印を選択。

すると商品のテキストリンクURLが作成されます。もし長いURLでもいい場合は、表示されているURLをコピーして張り付ければ完成ですが、短縮URLの場合は「短縮URLはこちら」を選択します。

短縮URLはかなり短い為、見た目的にはすっきりとしています。このURLをコピーしてyoutube動画の概要欄に貼り付ければ完成!

とても簡単にリンクが作成できますが、初めてリンクを作成するときはこのリンクがしっかりと反映されているか気になるもの!いくらリンクを作成してもちゃんと反映されなくては意味がないので、確認の仕方を説明します。

※リンクを作成してURLをコピーした状態にしておきます。

トップ画面の「ツール」→「リンク動作確認ツール」を選択。

リンク動作確認ツールは、作成されたリンクがアカウントのアソシエイトIDまたはトラッキングIDを含んで動作しているか確認することができるもので、自分はブログの記事で商品リンクを作成したら必ずチェックしています。

短縮URLをテキストボックスに貼り付けて、「リンクを確認」を押すと結果が出るようになっています。とても簡単!

有効と表示されIDが正しく関連付けられていますと出ればリンク作成が正常にできています。もしリンクを初めて作成する場合は、確認してみると状態が分かるのでおすすめします。

以上で、アマゾンアソシエイトにyoutubeチャンネルの申請審査の仕方からリンクの作成方法までの説明は終了となります。自分はブログから申請してアソシエイトに承認合格したので、youtubeだけでアソシエイト審査が通るのかわかりませんが、チャンネルが承認されればyoutube動画の概要欄(説明欄)にリンクを貼り付ける事は可能となっています。自分と同じようにブログでアソシエイトをやっていてyoutubeのチャンネルで動画投稿している人には参考になったのではないかと思います。

とにかく気をつけたい所は、審査が承認されたものにしか貼れない規約になっているのでその点を注意して、他にもあるプログラム運営規約をよく読んで利用すること!もし規約で分からない事があれば、アソシエイトプログラムへのお問い合わせから質問すれば早い対応で回答があるので停止などになる前に聞いてみてはどうでしょうか。

まさか自分のyoutubeチャンネル(登録者、再生数は本当に微々たる物)が一発で審査承認されると思っていなかったことから、大手チャンネルでなくても審査が通ることがわかりました。自分の経験から、未来の誰かの為に役にたてたらと思って書いてみたので、これからチャレンジする人は参考にしてみてください。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク