MEGAドンキホーテの激安Bluetoothイヤホンを購入レビュー!500円ワンコインでコスパ最高

MEGAドンキホーテに売っていた激安Bluetoothハンズフリーイヤホンを購入したのでどういう物かレビュー的に伝えたいと思います。MEGAドンキホーテと言えば、愛知県東三河地域では豊橋市からはじまり蒲郡市、豊川市と進出していて、日用品雑貨から電化製品、服、アウトドア用品、飲食物まで売っている複合的なお店!普通のドンキホーテと違うのは飲食物のスーパーが合体しているのが特徴で、なんといっても深夜まで営業していることから「今欲しい、今必要、今じゃなきゃダメ!」と急を必要とする人にもピッタリな営業時間となっています。

そして今回MEGAドンキに行ったのも、夜にPCで動画作成をしていた時に突然イヤホン(普通に音楽を聴くイヤホン)が壊れてしまい、今必要!今じゃなきゃダメ!という状況になったことから、行って見ることにしました。

訪れた場所は「MEGAクラスポ蒲郡店」!何故少し遠い場所まで行ったのかは、MEGAドンキが東三河に出来てからは、月1ペースで各店舗(豊橋、豊川、蒲郡)でショッピングをしていて、前に蒲郡店に行った時に気になった商品が今回紹介するBluetoothイヤホンで、蒲郡店が一番コスパが良く品揃え(黒色白色揃っていた)が良かった事からです。

Bluetoothイヤホンの値段はなんと500円!

Bluetoothハンズフリーイヤホンというと、自分の中では2千円位する物だと思っていたので、ワンコインで売っているのには衝撃を受け、今まで必要としなかったので購入はしなかったものの、この値段なら持っていて損はないかなと思い、通常のイヤホン(メインはこれ)とセットで購入してみることにしました。

今回のレビューでは、アンドロイドとiPhoneの2種類で試していて、激安Bluetoothイヤホンがどんな感じなのか、接続は簡単なのかなど伝わればと思っているので、購入する際は参考にしてみてください。

紹介する激安Bluetoothハンズフリーイヤホンは、MEGAドンキホーテならどこでも売っているわけでなく、3店舗周ってみた所、豊橋店には見当たらなく、豊川店には置いてあったものの値段が少し違っていて色が白色だけ、蒲郡店では黒色と白色が500円で大量に売っていたことから、店舗によっては扱っていない場所(記事作成時)もあるので注意!一見どこの店舗も扱っている商品は値段が統一されていて同じかと思っていましたが、この事から各店舗それぞれ仕入れている物が違う事を発見しました。

激安Bluetoothイヤホンのスペック

MEGAドンキホーテの500円で売っているBleutoothハンズフリーイヤホンは方耳タイプで、主な用途はスマホの通話用に使える!スマホの音楽を再生すれば聞くこともできますが、オレ的には音楽はやはり両耳で聞くものだと思っているので、ハンズフリー通話メインと考えたほうがいいです。

ハンズフリーイヤホンの用途

  • 通話
  • 音楽再生

スマホで通話も音楽も聴けるBluetoothイヤホンは、通信式なのでなんといってもワイヤレス(線がないので邪魔にならない)なのが特徴!スマホアプリの中でもマイクを必要とする一部のアプリで使用できたことから用途は様々ですが、スマホカメラの動画機能では何故か音声をイヤホンマイクで認識しなく、スマホ本体のマイクで音声を拾っていたことから、使えないツールもあるので注意!

【付属品】

入っている物は至ってシンプルで、充電用のUSBケーブルと耳にかけるイヤーフック。イヤーフックは両耳対応なので、イヤホンを右左どちらの耳にも取り付ける事ができます。

箱の裏が説明書

Bluetoothイヤホンというと一見設定などが大変そうにも見えますが、取扱い方はかなり簡単で説明書を一度読んで実際に設定してみれば使いこなせると思います。

ペアリングの仕方(スマホとイヤホンを設定で紐つける)については、Bluetooth機器と同様で、初めてBluetooth機器を使う人の為にも下記でアンドロイドiPhoneどちらも新設丁寧に解説!

イヤホンスペック

サイズ 5cm×1cm×0.8cm
重量 約7g
充電時間 約90分
通話時間 約4時間

※使用状況により異なる

範囲 約10m

重量は耳につけてもそれほど気にならない7g!範囲は約10mとありますが、使用状況や環境によって多少違っていて、壁などがあると通信しづらいように感じました。3mくらいのフラットな環境なら通信が乱れることなく使用できます。また1つのイヤホンで2台同時にペアリングできます。

スペック的にも2千円くらいで売っている物と同様に感じ、これがワンコインなのはお得感がありコスパ最高!

【注意点】Bluetooth対応の全ての機器での接続動作を保証した物ではなく、バージョンや機種によっては正しく動作、機能しない場合もあるので注意!1A以上の高出力な物での充電は、発火などの恐れがあるので充電器の出力チェックは重要です。

Bluetoothペアリング設定の仕方

BluetoothイヤホンをスマホのアンドロイドiPhoneどちらも実際にペアリング設定してみたので、参考にしてみてください。設定というと難しそうに感じますが、数回押すだけなので簡単!

アンドロイドのペアリング設定

最初にBluetoothイヤホンの電源ボタン(赤い丸部分)を長押しして電源を入れます。電源が付くと上部分が点滅して同時に英語のガイダンスが流れる!

次はスマホの設定に移り、歯車マークの設定アイコンから「デバイス接続」に進みます。

BluetoothをONにする」の部分(黄色囲い)にチェックがあるのでONにすると「使用可能なデバイス」の場所にDL-BT9と表示されるのでそれがイヤホンデバイスとなっています。

そのDL-BT9の部分を押すと接続。

イヤホンとスマホがペアリング接続すると「ペアリングされたデバイス」の部分にDL-BT9接続となっていて、インフォマーク(青色囲い部分)が表示。

インフォマークを押すとペアリング解除など、スマホ端末の電話の音声やメディアの音声にチェックが入っている状態が確認できます。たったこれだけでペアリング設定は完了なので、Bluetoothの設定は意外と簡単です。

これでスマホとイヤホンがワイヤレスで通信されて使えるようになっていて、スマホ画面の上部分にBluetoothのマークが出るようになるので、通信しているか確認することができます。

イヤホン側はペアリングができているとライト部分が青色点灯。

もしイヤホンを使わない時は、Bluetoothをオンにしているとバッテリーの減りが早くなることから、スマホ側をOFFにすることをおすすめします。

ペアリング設定はアンドロイドiPhoneどちらもほとんど同じ内容ですが、念の為にiPhoneも説明!

iPhoneのペアリング設定

iPhoneもアンドロイド同様に、イヤホン本体の電源をONにしてから設定へと移ります。イヤホン本体丸部分を長押しでON!起動すると英語のガイダンスとライトが点滅。

iPhoneのツール画面の歯車「設定」→「Bluetooth」の順番に進みます。

そしてBluetoothをON(赤丸部分)にチェックすると通信され、デバイスに「DL-BT9」と表示されているので確認(黄色囲い部分)。

DL-BT9の部分を押すと接続済みとなり設定は完了。

BluetoothとiPhoneの通信設定が完了するとアンドロイド同様に画面上の部分にBluetoothマークが表示されているので、それでペアリングがちゃんとできているか確認することもできます。イヤホン側は使える状態になるとライト部分が青色点灯。

ペアリングに関しては、自分が試した端末では一度設定してONの状態にすれば、スマホ側かイヤホン側のONを切らない限り接続は切れなかった(距離を離すと切れる場合あり)ので、他のBluetooth機器同様に通信はいいと思いました。

ドンキの激安ハンズフリーイヤホンを使った感想

MEGAドンキホーテで販売されていた激安ハンズフリーイヤホンを使ってみた感想は、アンドロイドiPhoneどちらも普通にスマホ通話で使う事ができたのでコスパは最高にいいと感じました。音声に関しても高音気味なので相手の声を聞きやすくGJ!全部のアプリやツールなどで試してはいませんが、マイク音声を必要とする一部のアプリで試した所、使えたことから用途は通話だけでなく広がるようにも感じます。

今回は前から気になっていた500円ワンコインで買える激安イヤホンを興味本位から購入レビューしてみましたが、しっかりと保証書まで付いていてお得感もあり実用性ある商品に思いました。後はどれだけの期間使えるかは、これから使って行こうと思っているので何とも言えませんが、Bluetoothイヤホンが500円で売っているお店は自分が知る限りMEGAドンキだけなので驚きのプライス!ハンズフリーイヤホンを選ぶ際はBluetoothバージョンなどスマホに対応しているか確認は必要なのでその点気をつけて参考にしてみてください。

MEGAドンキや通常のドンキには他にもお得感ある商品いっぱい!こんな物も売っているのかと驚かされる事もあり、ショッピングが楽しめるお店だと思うので、また面白い商品を発見した時は記事で紹介してみたいと思っています。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク