イオンモバイル格安simタイプ2を契約!回線速度を比較テスト

イオン豊橋南店にイオンモバイル(MVNO)simのタイプ2を契約してきました。前にいった時は、イオンモバイルのタイプ1simの契約で今回は新しく出たばかりのタイプ2というsim!現時点では音声通話simなしのデータプランだけですが、なんと初期費用が1円!普通なら三千円の初期費用がかかりますが、1周年記念ということで2月18日~3月31日まで新規、MNPの初期でかかる費用が1円です。かなりお得!

イオン豊橋南店のイオンモバイルの場所は2階の本屋の隣です。店舗内が広いので迷うと思いますが、立体駐車場からエスカレーターで降りたほうが比較的わかりやすいと思います。契約も身分証明書とクレジットカードがあればすぐにでき、約1時間もかからないくらいでsimをもらえました。スマホ端末は1月に買ったASUSのZenfoneGoがあるのでデータsimだけの契約です。タイプ1のsimはスマホarp AS01Mで使っていてタイプ2はどんなものか興味津々!これでタイプ1とタイプ2のイオンモバイルの回線比較テストができるようになりました。

イオンモバイルタイプ2にした理由

イオンモバイルタイプ2のsimにした理由は、公式サイトを見ていた時に目についた、「1周年キャンペーン」simが1円という内容からでした。普通ならどこの格安sim(MVNO)会社でも初期費用金額がだいたい3千円くらいかかりそれが1円です!イオンモバイルはMNP以外いつ解約しても費用がかからないので、お得です。後、タイプ2は契約が月の途中でも日割りができるので月末に契約をしてもデータGBを翌月に持ち越せるところがいいと思いました。

どのスマホ端末で使うかは、1月に買ったZenfoneGoをwifiだけで使っていたので決定です!スマホの対応バンド回線がドコモ、auどちらも使える機種なのでどこの格安simにしようか迷っている中見つけ試し的にタイプ2つかってみます。タイプ1とタイプ2はドコモバンド回線のため、念のために公式イオンモバイルの動作確認端末一覧で確認してから契約にいきました。もしこれからイオンモバイルの格安simを考えている人は、スマホ端末がある場合は動作確認端末一覧を見てから契約したほうが間違いなくていいと思います。

イオンモバイル動作確認端末一覧

契約の時のsimサイズはナノでsimアダプター(別売り)を使いスマホに差します。simアダプターはだいたい500円くらいで買えます。

タイプ1とタイプ2何が違うか?

イオンモバイルのsimタイプ1とタイプ2何が違うのか疑問に思う人もいると思いますが、早い話が格安sim回線の親会社が違うので回線速度も違ってくると思われます。イオンモバイルの音声回線sim(電話番号利用)が欲しい人はタイプ2は今の所、データsimだけなので必然的にタイプ1の契約になります。タイプ2でもSMSオプションがあるので、何かのアプリの認証したい場合はSMSつけたほうがいいと思います。

simカードをスマホに差して最初にやるAPN設定も設定方法が書いてある紙を見てやれば簡単にできます!たぶん格安simを考えていて、自分で初期設定ができるか不安な人もいると思いますが、設定はどこの格安sim会社(MVNO)でも最初にやる設定は同じなのでわかりやすい説明で簡単です。わからなくてもサポート電話もあるので比較的わかりやすいと思います。

左がイオンモバイルタイプ1でスマホ端末はarp AS01M

右がイオンモバイルタイプ2でスマホ端末はASUS ZenfoneGo

これは個人的な感想ですが、ZenfoneGo(ZB551KL)スマホ端末は対応回線バンドがドコモとau両方で10点タッチでなめらかに動き、5.5インチ画面で大変使いやすく値段も安いのでオレ的おすすめ!

ZenfoneGo(ZB551KL)の使ってみた記事がこちら

SIMフリースマホZenFone Go (ZB551KL)レビュー感想
格安simフリースマートフォン「ZenFone Go」(ZB551KL)を1ヶ月間wifi回線で使ってみての感想をレビューします。先月1月に買ったスマホで、simフリー端末...

タイプ1とタイプ2の回線速度を比較

測定場所 愛知県豊橋市内某場所にて
測定アプリ OOKLA SPEED TEST
測定SIM イオンモバイルタイプ1

イオンモバイルタイプ2

測定スマホ タイプ1をarp AS01M

タイプ2をZenfoneGo(ZB551KL)

時間帯は15時半くらいで、回線速度測定アプリを使いそれぞれ2回計測します。本当は測定するスマホ本体を同じでやるのがいいと思いますが、個人なのでご理解ください。

回線は4Gで低速回線は今回はなしで

測定時間:15時半(単位:Mbps)

タイプ1 PING 下り 上り
1回目 41 40.11 11.66
2回目 53 39.50 12.88
タイプ2 PING 下り 上り
1回目 38 18.75 14.48
2回目 37 15.80 13.78

回線速度の結果を見てもネット閲覧しても普通につながり快適です。時間帯もあると思いますが、結果を見てもわかるようにこれだけ速度出ていれば充分じゃないでしょうか?PINGの数字が低いほど快適にネットが使えます。回線速度は時間帯やスマホ端末、場所によって速度が違うと思うので参考程度に見てください。

タイプ2は低速回線でも比較的速度が出ると何かで見たので、これから測定して結果や低速回線で何ができるか試してみたいと思っています。mineo回線の回線速度比較のように、月1でイオンモバイルも高速(4G)と低速回線を計っていくので気になる方は記事を見てください。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク