iPhoneの画面を録画する方法!超簡単で動画作成に便利!

アイフォンを使い始めてこれは便利だと思った「画面録画」機能を紹介!iPhoneにはios11以降に標準で搭載された本体ディスプレイに映し出されている画面を録画できる機能があります。これはただ画面に映し出された映像を録画するだけでなく、内部音やマイク音声もMIXして録画出来る事から用途は様々で動画を作成する時にも便利な機能。

アイフォンさえあればPCに画面をキャプチャーせずにアプリ(ゲーム実況)などを録画出来る事から自分的には以下の用途に使えると思いました。

画面録画の用途

  • アイフォンの使い方の説明動画
  • アプリを録画して動画

用途は画面を録画するので動画がメインになると思いますが、アプリゲーム実況やアイフォンの機能などを紹介する際の動画作成するのに役立つと思います。またSNSに動画をアップする際にもいいかもしれません。とにかくアイデア次第で幅は広がると思うので、知っておいて損はない機能です。

さっそく画面録画機能の使い方やマイク音声を入れる場合も詳しく説明するので参考にしてみてください。

画面を録画する機能はアプリによっては録画禁止になっているものもあるので注意!後、音に関しては内部の音とマイク音声を入れるとアプリによっては音量などが小さくなる場合もあるので、設定で音量調整は大事にも思います。

画面録画する方法

※画面録画はios11以降に対応していないアイフォンでは使う事が出来ない機能なので、使っているアイフォンのiosが分からない場合は確認してみてください。

ios確認方法

画面の歯車マーク「設定」→「一般」→「情報」
バージョンがiosです。

ios11以降でも簡単な設定をしないと使う事ができません。

歯車マーク「設定」→「コントロールセンター」

コントロールセンターというのは、画面下から指で上にスクロールした時に出る機能をコントロールするもので、よく使う機能は追加すると数タップするだけで簡単に使う事ができます。使わない機能を整理できるので一度見直してみるのをおすすめします!

「コントロールをカスタマイズ」

上の画像のカスタマイズ画面で「含める」に機能を追加しないと表示されないので、下から追加します。また今現在含めるに入っているものは左側のマイナスマークを押すと解除されるので、よく使う物と全く使わない物を整理できます。

「コントロールを追加」を下にスクロールすると「画面収録」とあるので、左側の+を押します。画面収録というのが、画面を録画する機能!

すると先ほどの「含める」に画面収録が入っているので、追加は完了!

この画面でもコントロールセンターが確認はできるので、見てみると追加されているのが分かると思います。

コントロールセンターは画面下から上にスクロールする感じで指を動かすと表示され、下に二重丸のような録画ボタンが追加されました。設定は以上で、このボタンを押すとカウントダウン後に画面録画が始まります。

画面録画をストップする場合もまたコントロールセンターを表示させボタンを押すだけ!これだけで画面が録画されるので、機能的には使い方はさほど難しくありません。

試しにゲームアプリの荒野行動を録画してストップすると、上に「画面収録ビデオを写真に保存済み」と出ました。録画された動画は「写真」に自動的に保存され、カメラで画像や動画を撮った時と同じように保存されます。標準の機能だけあり、初めてやってもシンプルに使いこなせる!

また画面録画機能は音声を一緒に録画する事が可能で、アイフォンの通話時のマイク部分で声をひろってくれるので外部マイクがなくても音声を録画することが可能です。

マイク音声を入れる場合

画面録画にマイクの音声を入れる場合は、コントロールセンターを表示させ「録画ボタンを長押し」すると下の画面に切り替わります。

通常はマイクがオフになっていて、マイク部分を押すとカウントダウン後にマイク音声が入った画面録画が始まります。たったこれだけで録画と音声のMIXが可能なことから、アイフォンの性能の良さを実感することになりました。

もしアイフォンの本体マイクでは音質に満足できない場合は、外部マイクを取り付ける事ができます。アンドロイド・アイフォン両方使えるので、1つあると色々と使えます。レビュー記事!

スマホの外部マイク「OKWINT」購入レビュー!アンドロイド・アイフォンどちらも使える!
スマホ用の外付けマイク(外部ピンマイク)を購入したのでレビューしてみたいと思います。今回なぜ外付けピンマイクを購入したかというと、それはスマホで動画を撮る時に綺麗な音質で録...

アイフォンの録画機能を使ってみて

今回はアンドロイドのスマホ機能にはない、アイフォンのios11以降の標準機能「画面録画」を使ってみましたが、画面も解像度が落ちることなく音声も一緒に録画できる点は本当に便利な機能に感じました。設定も非常に簡単で、一度やり方さえ覚えてしまえば、すぐに起動も出来る事から動画作成をするのも簡単!用途的にもゲーム実況やアイフォンの使い方などを紹介する時などに使えると思うので、今まではPCにアイフォンを繋げてキャプチャーしていた人にはもってこいの機能にも思いました。

これさえあれば動画製作が可能な事から、アイフォンの進化さえ感じ、今までアンドロイド派だった自分にとってはかなり使えると思ったので動画作成したい人は参考にしてみてください。

アイフォン6sを手に入れてからは、様々なシーンで今まで使っていたアンドロイドとの違いを知る事になりました。最初はアンドロイドに慣れていたので、扱いにくいと感じていたものの使っているうちに操作にも慣れ、アイフォン派が新型が出るたびに乗り換えているのも分かってきたようにも感じます。またアイフォンを使って便利だと思った機能や困ったことの解決方法なども紹介してみるので、その時は参考になればと思っています。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク