【豊川市】赤塚山公園(ぎょぎょランド・アニアニまある)親子におすすめ!全部無料!

愛知県豊川市にある赤塚山公園、山にある公園施設でとにかく敷地は広く見るものが多い総合公園です。公園といっても多目的で、水の広場では水遊びなどができ、ぎょぎょランドでは小型な水族館で魚などを見ることができ、アニアニまあるは小型の動物園!他にも時期により楽しめる、花見広場で桜観賞、花しょうぶ園、梅園などがあります。宮池エリアには昆虫の森(芝生広場)があり、巨大なカブトムシなどの遊具や長い滑り台など子供を連れて行けば必ず喜ぶ事間違いなしの場所!

驚くことに公園内施設はすべて無料で、一日中楽しめると思うのでオレ的おすすめなスポット!赤塚山公園は他県などからも訪れる人がいるほでの人気ぶりで、細かく説明していくので訪れる際の参考にしてみてください。

赤塚山公園(ぎょぎょランド)の場所と駐車場など

アクセス 愛知県豊川市市田町東堤上周辺
駐車場 有り(宮池エリアは別に駐車場有り)
開園時間 開園時間:9~17時まで

休館日:毎週火曜、祝日の翌日、年末年始

公園内施設 水の広場、ぎょぎょランド、アニアニまある、花見広場、花しょうぶ園、梅園、昆虫の森、展望台、市民のスクエア

赤塚山公園は山全体が公園になっていて、場所は東名高速道路の近く、豊川市でも隅よりですが、東名高速の豊川インター、国道1号線からもアクセスしやすいので、遠方からでも比較的わかりやすく行く事ができると思います。アクセス方法は国道1号線からの場合、「京次西」信号交差点を新城市側に曲がり県道31号線を道なりに直進するとT字になるので「市田町下中野」信号交差点を左折して直進すると左手に駐車場の場所につきます。東名高速豊川インターからは、国道151号線を豊川側に直進、「馬場町」信号交差点を右折して県道5号(姫街道)をひたすら直進します。豊川市役所や郵便局を超えて少しいった「諏訪橋西」信号交差点を右折して道なりに真っ直ぐ行くと左手に駐車場。

※赤塚山公園の休館情報は、豊川市のホームページを参照するといつ休みかわかります。行く前には必見!

赤塚山公園カレンダー

駐車場は宮池エリア(昆虫の森、芝生広場など)に行く以外は下の画像の赤塚山公園の大きな駐車場を利用。宮池エリアが少し離れている為。

【駐車場の入り口】

入り口付近には看板があり、ぎょぎょランドとアニアニまあるの開園日と時間などが記載されています。

駐車場はとにかく広く、無料!

記事で紹介するのは、「赤塚山公園の施設、水の広場、ぎょぎょランド、アニアニまある」で、花しょうぶ園と宮池の昆虫の森(芝生広場)は別記事で紹介します。上のマップの黄色い丸が駐車場、赤い丸が紹介する施設です。案内図を見るだけでも赤塚山公園内がどれだけ広いか分かると思うので、案内図を見てから行動をしたほうがスムーズにいけます!画像の案内図は駐車場から水の広場に向かう場所にあるので初めて行く人は必見!

水の広場(流水広場)の様子

駐車場から目の前にあるちょっとした水遊びができる水の広場、小さな噴水もあり上から流水していて夏場は気持ちよさそうです。岩から流れる水をモチーフに考えられているように見え、木々との自然との調和もバッチリです。

水広場の隣の芝生がある場所では、木陰で休む家族連れも多く、ピクニックもできるのでレジャーシートは必須!のどかな時間を過ごせる事間違いなしの水広場!小さな子供を連れて行く場合は、水がある場所につき目を放すのは厳禁!

水の広場はぎょぎょランドやアニアニまあるを周った後の休憩所としてもよさそうです。

ぎょぎょランド・淡水魚水族館

ぎょぎょランドは比較的東三河の人でも名前くらいは知っていると思いますが、なんと無料の水族館!今まで有料と思っていたので少し驚きました!淡水魚の水族館で、2階建ての建物内には多くの魚、東三河の絶滅危惧種にされている生き物も見れます。特に見所に感じたのはアクアギャラリーと豊川の流れをイメージされた水槽!赤塚山公園にいった際はぎょぎょランドおすすめです!

ぎょぎょランドに中に入るとすぐに円柱の水槽があり、魚達が迎えてくれます。イスの休憩スペースもあり。

【水族館の入り口】

地元密着型の水族館に感じ、ここでしか見れない生き物も!?展示パネルがあり説明など書いてあります。

ぎょぎょランド館内はとても綺麗で、禁止事項としてフラッシュ撮影禁止とガラスを叩かない!

見所のアクアギャラリー

水槽内がライトアップされていてとても幻想的な世界!ギャラリーはⅠとⅡがあります。パクパクタイムというエサの時間も書いてあるので、エサの時間に合わせるのもいいかと思います。ギャラリーⅠは10時35分、ギャラリーⅡは10時45分。

とにかく水槽は綺麗に光っていて、魚達はどんなエサを食べるのか?エサの捕食シーンは見ものだと思います。

【2階にあるアフリカの湖に住む魚】

パクパクタイムはエサの時間は10時40分。これだけの魚達を見れて無料!親子連れからカップルのデートとしても水族館はおすすめで、豊川の生態もわかり世界の熱帯魚まで見れるので必見です。

アニアニまある・動物園

ぎょぎょランドから出て右(山側)にいくとアニアニまあるという小動物などのいる動物園があります。規模は小さいですが、ウサギとモルモットが一緒にいたり、ミニブタとヤギが一緒にいるシーンはここでしか見れない!?また動物と触れあえるイベントもやっていて、日時と時間帯は指定されていますが、毎日なにかしらのイベントをやっているので合わせてみるのもいいと思います。

施設内に入ってすぐに園内マップと注意事項が書いてあり、動物と触れ合えるイベントの時間帯も書いてあるのでまずこの看板を見たほうが分かりやすいです。

  • 毎日 ヤギのエサやり(午前11時~10分)
  • 毎日 ミニブタのエサやり(午前11時20分~30分)
  • 月曜 ポニーのふれあい(午後1時半~2時)
  • 水曜 モルモットのだっこ(午後1時半~2時)
  • 木・金曜 わくわく工房(午前9時~午後4時)
  • 土日・祝 ウサギ、モルモットのふれあい(午後1時半~2時)

オレ的には水曜日の「モルモットのだっこ」が一番気になります。小動物をだっこできる機会はあまりないと思うので、時間日時を合わせていくと体験できます。

ポニーとロバ?子供たちに人気でした。

ビックリしたのがヤギとミニブタが一緒にいる光景!ヤギが木をかじらない為のガード?木の根元は覆われていました。

園内は水が流れていたり、ニワトリの遊具?のようなものがあり、屋根の付いた小屋には小動物(ニワトリ、モルモット、ウサギ)がいます。

アニアニまあるで一番人気だったのは、ウサギとモルモットのいる小屋!小動物で動きもかわいく、子供達の人気者。ウサギとモルモット比較的似てますが、モルモットというとハムスターのようなもっと小さいイメージがあったオレ的には結構大きく少し驚きました。見ていると動きがかわいらしいです!

小動物園と水族館、これだけ見ただけでも子供は喜ぶと思います。まだまだ赤塚山公園には子供が喜びそうな見所な場所が、宮池エリア(少し距離がある)で昆虫の森、カブトムシ、クワガタの形をした遊具のある芝生広場など盛りだくさん!宮池エリアは次の記事で紹介します。

花しょうぶ園の記事

【豊川市】赤塚山公園の花しょうぶは今が見頃!2017
豊川市にある赤塚山公園内の花しょうぶ園は今が見頃!東三河の花しょうぶ園は豊橋市の賀茂しょうぶ園が有名ですが、豊川市の赤塚山公園はぎょぎょランド(水族館)やアニアニまある(小...
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク