羽布ダムで四季カード春バージョンをゲット!香恋の館のダムカレーを紹介!

愛知県豊田市にある羽布ダム(はぶダム)に四季カードの春バージョンをもらいにいってきました。羽布ダムは他のダムで配布されているダムカードとは違い、四季カード(春夏秋冬バージョン4種類)も配布している場所!以前から何度もいっているダムで、今回の目的は四季カード春バージョンと以前からずっと食べたかったダムカレーを食べるのが目的でいきました。

愛知県からダムカードをもらいに行くのに、一番行きやすい場所に自分的には感じるので季節も暖かくなってきた春から行って見てはどうかと思います。これから羽布ダムにダムカード「四季カード」やダムカレーを食べに行く人の為に色々と見て来たので参考にしてみてください。

四季カードは季節により4種類あり、3月からは春バージョンがもらえます。春バージョンは3月~5月、夏バージョンは6月~8月、秋バージョンは9月~11月、冬バージョンは12月~2月とそれぞれの季節に配布されます。

四季カードの配布場所と日時

羽布ダムのダムカードと四季カードは三河湖観光センター隣にある羽布ダム管理所でもらうことができます。

以前に行った四季カードの記事

羽布ダムにダムカードとダムカレーを求めて再び!ゲートからの放水はすごい迫力!豊田市
以前の愛知県内ダム巡りの続きとして羽布ダム(はぶだむ)にいってきました。再び行った理由は、以前羽布ダムにいったものの写真を撮るのに夢中になってしまい、肝心なダムカードをもら...

何度も羽布ダムに行って記事にしていますが、念の為にもらい方や時間帯を紹介!

羽布ダム管理所は白い2階建ての建物。入り口にインターホンがあるので押すと、職員の人が応答してくれるのでダムカードまたは四季カードを欲しいことを伝えると出てきてくれます。

配布時間

9時半~12時、13時~17時まで

※年末年始は除く(12月29日~1月3日)

四季カード春バージョンのカード

四季カード春バージョンの表面はダム堤体ゲート側が一望できる場所の写真で、裏面にはダムスペック情報と下山の特産品などが記載されています。

自分が行った時はまだ桜が咲いていない状態で、桜時期のタイミングさえあえば四季カードと同じような風景を撮ることができると思います。ダムは季節それぞれ違う風景を見ることができるので、春夏秋冬それぞれ違う季節に行くと全く違う風景が見れる!ドライブやツーリングで行くにはもってこいの場所に感じるので、羽布ダムは本当におすすめです。

しかも羽布ダム付近には「ダムカレー」を食べれる飲食店が数店ある!観光で訪れた際にもダムカレーは意外と珍しいカレーなので食べてみるのをおすすめします。

香恋の館のダムカレー

今回で数回目の羽布ダム!以前も三河湖観光センターに来てダムカレーを食べようとしましたが、時間が遅くご飯がなくなってしまい、今度こそはと時間帯を少し早く来てみました。しかし到着すると店のカーテンが閉まっている状態!すごい嫌な予感がして入り口を見ると!

冬季休業!木曜以外に休みがあることを知りませんでした。また三河湖観光センターでダムカレーを食べることができませんでしたが、今回は他の飲食店に行く事にしました。

そして行った場所が、羽布ダムから比較的近い「香恋の館」、ここはお土産や飲食店などがあるお店で初めていきました。

香恋の館という名前からどんな店かと思っていましたが、例えると道の駅のような感じがしました。お土産コーナーにはその土地の名産物などが売られていて、飲食店も入っています。

飲食店は、セルフサービス式で注文すると番号札を渡されるので後は呼ばれるのを待つだけ!「羽布ダムカレー」は1種類で、普通のカレーとは違いかなりデザインもこっているのでだいたい5分くらい待ちました。店内の名産物などを見ているとあっという間で初めてのダムカレーの登場!

カレーのルーにはチーズが入っていて、ご飯がダム本体の堤体、赤い福神漬け3つがゲート、小水力発電所施設が卵と羽布ダムの特徴をかなり再現されたカレーでした。

カレー以外には漬物のような物と、羽布ダムのスペック情報などの紙がついてきます。

下山名物の「いのししコロッケ」も初めて食べましたが、とてもおいしくGJ!テーブルには観光名所や他のダムの場所が書いてあるマップなどもあるため食べながら色々と知ることもできます。

カレーのルーは辛くもなく甘くもなく中間くらいの辛さで、辛いカレーが苦手な人でも食べることができる(自分がそう)と思います。ご飯の堤体をカレーのルーとからめて食べていて、中盤で気づいたこと!ソーセージを発見!どこかで食べた事がソーセージ!あの少し硬い感触と噛むと肉汁が出てくるおいしいソーセージ!紅葉時期に香嵐渓と大井平公園で食べたソーセージ(猪フランク?)に似ているのを思い出しました。まさかここで食べれるとは思わなく、かなり得した気分になりました。

ダムカレーはただのダムの形をしたカレーではなく、その土地の名産物が使用されているので食べる価値は十分あると思います。

香恋の館はダムカレーだけではない!

ダムカレーを食べて満足して外に出て少し散策してみると、つり橋を発見!建物の外は敷地がかなり広く、カレーを食べた後は散策してみると色々な発見ができると思います。

つり橋のほぼ中央からは羽布ダムのゲート側を中心で見ることができます。ダムの写真を撮るのにはおすすめで、他にも橋を越えると無料で利用できる「ドッグラン」がありました。

犬を連れてきて一緒に遊べる「ドッグラン」、無料で利用できるのもよくて、付近には芝生の広場や屋根付きベンチもあるので休憩するのにもいいと思います。

マップを見るとどうやら広場などは「香恋の里」という名称のようで、小水力発電施設がある広場側にもアクセスできます。ダムの近くに観光スポット的な場所があったとは初めて知り、多目的に過ごせる場所に感じました。

羽布ダムに行って見た感想

冬から春に近づき、また違う風景が見れた羽布ダム!今回の目的、羽布ダム四季カードゲットとダムカレーを食べることも無事にできました。新たな発見をした香恋の館周辺もなかなかいい場所で、三河湖はダムだけではなく見所が多い場所にも感じました。これからますます気候はよくなるので、ダムカード四季カード目的からダムカレー、ドライブ、ツーリングなど観光地としても楽しめる場所だと思うので、行く際の参考にしてみてください。

今度行く時は、三河湖観光センターのダムカレーを食べてみたいと思っています。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク