豊川市の桜花見スポット!2018諏訪桜トンネルの見頃と開花状況

豊川市で有名な花見スポットといえば「諏訪桜トンネル」!約1キロの直線の道には両サイドに桜が咲き、桜トンネルという名前がついているのも納得できる場所です。

豊川市内の花見スポットは他にも御津山(頂上付近)や佐奈川が有名ですが、豊川市街地にあることからアクセスもしやすく、夜はライトアップもされ豊川市で花見をするならおすすめな場所なので紹介します。

豊川市も豊橋市同様にさくらまつり期間中になるとライトアップや屋台が出るのでそれに合わせていくのをおすすめします!また豊川市の花見スポットの中では屋台が出る場所は少なく、諏訪の桜トンネルは屋台がありライトアップもされることから夜桜を見ながら飲食を楽しめることも魅力の1つです!

諏訪桜トンネルの場所と駐車場

アクセス 愛知県豊川市諏訪1丁目周辺
駐車場 有り
トイレ 有り

諏訪の桜トンネルの場所は、豊川市役所裏手にある道がメイン通り(屋台が出ている)となっていて車は通れないようになっています。マップを見るとわかるように諏訪は豊川市の中でも市街地となっていて、県道5号線「姫街道」があることからどこからでもアクセスはしやすい場所に感じます。

駐車場情報

桜トンネルの隣には豊川公園、陸上競技場があり、無料で車をとめれる駐車場は日本車両、陸上自衛隊側の道路沿いにあります。公園などを利用する際の駐車場としては狭く、そこまで車をとめることができないので注意!

公式などでは桜トンネルの駐車場に関しての記載はありませんが、メイン会場からすぐ隣にある豊川市役所の駐車場は満車状態!次から次に引っ切り無しに車が来る状態でした。

桜トンネルの桜の様子

メイン通りから一本外れた市役所隣側も桜が咲いていて、周辺は桜一色の景色!

メイン通りとなる陸上競技場前は車も通れるようになっていて、屋台がある道は車は一切通れないようになっています。

トレイは公園や陸上競技場周辺などに各場所にあります。

メインとなる通りは、桜が左右に咲きそれに合わせて屋台が立ち並んでいるので、飲食には困りません。屋台の数も多い事から、弁当などを持参しなくても「いきなり花見」もできるのも桜トンネルならではないかと思います。

キッズ連れのファミリーなら屋台があるだけで、キッズは喜ぶ事間違いなしの場所!春休みの為か、子供連れの母子や子供たちだけのグループも多く、屋台が立ち並ぶ通りは人通りが多かったです。

桜トンネルで花見をする人は、主に陸上競技場周りの遊歩道沿のベンチなどで飲食する人が多く、レジャーシートは必要に感じます。芝生広場のような場所がないので注意!

夜に花見をする人もやはり陸上競技場前周辺で飲食する人が多い印象でした。

【図書館前側の様子】

とにかく桜を見に来る人が続々と歩いていて、それぞれ写真などを撮っていました。桜トンネルと呼ばれているだけあり、歩いて桜を見るにはいい所だと思います。

桜トンネルの見頃と開花状況

桜といえば開花が始まり暖かい日が続くと一気に満開までそんなに日にちはかかりません!実際今年は暖かい日が続いていて、完全に出遅れてしまいました。撮影日の3月29日現在の桜の開花状況は完全に満開で、見頃は4月初旬までではないかと思います。

完全に見頃を迎えているので、1週間以内に行かないと散りはじめてしまい一番いいタイミングを逃してしまいます。いつ桜トンネルに行くの?今でしょ的にいかないと桜は散るのも早いので注意は必要!

ライトアップ期間

3月23日~4月6日まで

豊川市の桜トンネルは夜になるとライトアップもしていて、さくらまつり期間中限定となっています。夜桜を見るならライトアップされている花見スポットがおすすめ!

夜桜の様子

桜の様子は昼間と夜では一変!ライトアップされる夜桜は昼間とは全然違い、写真を撮るのにも違う表現ができると思います。

豊川市諏訪にある桜トンネルは、屋台有りライトアップ有りと豊川市内の桜花見スポットとしてオレ的には一番おすすめな場所!どこに花見に行こうか迷った際は参考にしてみてください。

記事では他にも豊橋市、蒲郡市、田原市と人気スポットから穴場的な場所まで紹介しているので、一年に一度の期間限定の桜を見る場所として出掛けてみてはどうでしょうか。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク