オアシス21は名古屋最強インスタ映えスポット!夜景も見れてデートにおすすめ!

愛知県名古屋市の中区栄といえば名古屋の中で一番繁華街でもあり、買い物から飲食店までたくさんの店があることから多くの人が訪れる場所!その名古屋のビル郡に囲まれた場所には「オアシス21」という一際目立つ商業施設があり、インスタ映え間違いなしとも言われていることから写真好きな人から観光客まで名古屋に訪れた際は是非寄って見てほしいスポットです。

オアシス21は別名「水の宇宙船」とも言われていて、近未来的な作りの建物は今にも空を飛びそうな雰囲気さえあり、水をテーマに作られた屋上展望スペースからは名古屋市内をビル目線で見る事ができるようになっています。夜はライトアップされることから夜景スポットとしてもおすすめで、地下にはショッピングや飲食できるお店も多数あることからカップルがデートするにもピッタリな場所!名古屋の街中を歩き疲れた際に一休憩する事もできる為、都会のオアシスと言ってもいいほどです。

さっそく名古屋最強インスタ映えスポット「オアシス21」にこれから行く人の為にも駐車場情報から建物の昼の様子、夜の様子と何があるのかも紹介してみるので訪れる際は参考にしてみてください。

オアシス21にインスタ映え(SNS映え)狙いで行く際は、夜にいくのをおすすめ!特にシンボルにもなっている楕円形の屋上展望スペース「水の宇宙船」は夜の21時ちょうどにレインボー色に光るため、21時前には到着してスタンバってるのをおすすめします。七色に光るのは1分もないくらいなので注意!

オアシス21の場所

アクセス 愛知県名古屋市東区東桜1丁目周辺
駐車場 なし(付近にコインパーキング有り)
トイレ 有り(地下に有り)

オアシス21は地下鉄栄駅からすぐ近くのため中区栄に位置しているようにも見えますが、正式住所は東区になっています。付近には愛知県芸術劇場、NHK名古屋放送局、名古屋テレビ塔などがあり、遠くからでもかなり建物は目立つ為、初めて行っても迷うことはあまりないようにも感じます。

電車で行く場合は最寄の地下鉄栄駅で下車、そこから地下通路でオアシス21に行けますが複数の出口があるので間違えないように!車で行く場合は、オアシス21の施設内外には駐車場はないものの、付近にコインパーキングがあるので車で行く事も可能です。

駐車場について

オアシス21に車で行く場合は、無料駐車場はなく、建物の横または裏手側(比較的近く)にコインパーキング有料駐車場が所々にあります。都会ということで気になるのは駐車料金の相場ですが、オアシス21のすぐ横にあるアートパーク東海駐車場(芸術劇場とNHKの間にある)の料金は30分270円。その他の近隣コインパーキングは30分200円なので、相場的には都会のど真ん中でも良心的な値段に感じました。

もし手前側のパーキングが満車状況で裏手側を走る場合は一方通行が多いので逆走しないように注意!

オアシス21の昼間の様子

オアシス21の人気ポイントとなっている写真撮影場所は、通称錦通り側からの名古屋テレビ塔と水の宇宙船が一緒に映る場所で、ここは夜になるとスマホをかまえた外国人観光客なども多く訪れています。昼間も天気がいい日だと絵になる写真を撮れるポイントだと思いますが、夜は本当に綺麗な光景が見れるので写真を撮りたい人にはおすすめ!

【オアシス21の入口の様子】

オアシス21は地上からの入口と地下通路からの入口と分かれていて、施設的にはそこまで複雑ではないことからすぐに地下にあるショッピング飲食コーナーにいけます。

水の宇宙船「屋上展望スペース」にはエスカレート横にある①エレベーターか②階段で行く事ができます。エレベーターは昼間は混雑しませんが、夜は時間帯によってはギュウギュウ詰めの満員電車状態になることもあるので階段で行くのも有り!

水の宇宙船・屋上からの景色

楕円形の屋上展望スペースからは水の宇宙船というだけあり、中心に水が張られていて、記憶が正しければ冬になるとスケートができるとテレビで見た事があります。高さはビルの3~4階部分に感じここからはビルと同じ高さで景色を見る事ができます。

オシャンティなイスも完備!

水の宇宙船「屋上展望スペース」の利用時間

開放時間は10時~21時

但し夏場のイベント時は21時以降も展望スペースに入れて夜景を見ることができます。自分が夜に行った時はちょうど夏場のイベント時で、インスタ映え?を狙った水中にライトを浮かべて有料と無料区間が分かれていました。

オアシス21の水の宇宙船からの昼間の景色はとにかく都会の中にいるという感覚で、ビル郡に囲まれている展望スペースは自然を楽しむ景色とは真逆の都会を楽しむという感じでした。

ショッピンググルメの地下の様子

オアシス21の地下はショッピングとグルメを楽しめる店舗が立ち並んでいて、水の宇宙船の真下には銀河の広場というスペースがあります。

一周ぐるりとまわることができ、店舗も様々!ショッピングは10時~21時まで、グルメは10時~22時までと時間は分かれているので注意。

カフェやファーストフード的な店だとスタバ、マック、31、倉式珈琲店などがあり、レストラン系店だとすし屋、中華、イタリアンなどが入っていて、ジャンルは豊富!デートや観光で訪れた際は、休憩がてらに飲食するのも有りな場所に感じました。

少し気になった店は「洋食のことこと屋」でハンバーグとオムライスが有名らしくスイーツも充実していることから気になりました。店外にイスが完備してあるということは待つ事もある!?

またオアシス21はショッピンググルメの店だけではなく、ちゃんと観光案内所も完備されていて、観光で訪れるにも優しい施設!

店前には休憩ができるイスと机が完備されているのも特徴で、一休憩するのにもピッタリ!休憩できるスペースは他にもあることから、待ち合わせにもいいかもしれません。

地下鉄とも通路で繋がっている為、とにかく人の流れが多いもののスペースは無駄なく造られていて、窮屈感なく快適に過ごせるのも人気の理由かもしれません。一見小型なショッピングモールのようにも見えますが、近未来的な外見と同様に内部もかなり工夫されているようにも感じました。

写真を撮るスポットだけではないのもオアシス21の特徴です。

昼間のオアシス21の様子を紹介した所で、名古屋最強インスタ映えスポットとなる夜の風景を紹介!

オアシス21の夜の様子「インスタ映え間違いなし」

前述で伝えたようにオアシス21は21時になると約1分間くらいの間、水の宇宙船の周りのライトがレインボーに光ります。おそらく一番インスタ映えしそうな風景で、本当にあっと言う間の出来事なのでスタンバイしていないと上の画像(名古屋テレビ塔をバックに一番人気撮影ポイントで撮れなかった)のようにタイミングを逃してしまいます。タイミングを逃してしまったのは、事前に調べていなくどこからのアングルが一番いいのか施設外を一周していて、気づいたらレインボーに光っていました。急いで撮ったのが芸術劇場側から!

レインボーに光る以外のライトアップ時間は日没から23時までで、時間帯によって光る色が違うのも特徴です。

【人気撮影ポイントから】

夜のオアシス21はライトアップされていることから、地上の緑の大地と呼ばれる芝生スペースにはカップルだらけ!その他は観光客やインスタSNS映え狙いのスマホ写真部隊と分かれていて、夜でも訪れる人が多くさすが都会という感じが伝わってきました。

水の宇宙船の中間地点の地上からも中々いい絵は撮れます。地上からいい絵を撮る場合はいかに電飾された名古屋テレビ塔を背景に入れるかも重要に思いました。ちなみにテレビ塔は時間帯によって電飾色がランダムに変わるので、様々な表情をみせてくれます。

自分的には青色が巨大な水の宇宙船という感じで、背景色ともマッチしていたようにも感じました。撮影しているアンドロイドスマホは少し古く夜はあまり綺麗に写らない物を使っています。おそらく最新のアンドロイドスマホやアイフォンだとかなり綺麗に撮れると思うのでチャレンジしてみてはどうでしょうか。

色々なアングルで撮るとオアシス21は様々な表情を見せてくれるので、インスタ映え(SNS映え)にピッタリ!

水の宇宙船・屋上展望からの夜景

撮影日は夏のイベント「ティンクル・ナイト」時で、屋上の開放時間が通常時よりも長い時間入れた事から多くの人が訪れていて、エレベーターは満員状態で屋上へと向かいました。展望スペースにつくとテントが張られていて、「インスタ映えに~~」という掛け声とともに有料で入れる区間が別れていました!ちなみに有料で入れる区間には水に浮かべられた複数のライトが光る仕組みになっていて、インスタ映え専用の区間になっていたものの、通常の無料区間でも十分名古屋の夜景と映える写真を撮ることができました。

展望スペースの柵にはカップルや写真ガチ勢が多かったものの、意外と多かったのが外国人観光客!名古屋の観光スポットとして人気になっているようで、色々な国の言語が飛び交っていました。

テレビ塔の電飾も綺麗でしたが、なんと行ってもここの魅力はビルの目線で街中を見れる夜景スポット!夜景スポットといえば山の上から街中の灯かりを見るのが通常ですが、都会のど真ん中で見る夜の景色はここならではの光景でした。下から見上げたオアシス21の水の宇宙船とはまた違い、上からは360度見渡せるので夜景スポットとしておすすめでカップルがなかなか帰っていかないのもわかる感じがしました。

「ティンクル・ナイト」有料区間は電飾された球体が多数水に浮かべられていて、完全にインスタ映えに作られたようにも見えます。記事作成時にはイベントも終了しているので、通常時に戻っていると思いますが、ここは無料で名古屋市の夜景を間近で見る事ができるので夜に行く観光スポットと選んでみてはどうでしょうか。

【エレベーター横の階段から】

地上と屋上からは写真映えするポイントが若干違っていて、いかにいいアングルを見つけるかによってインスタ映えすると思うので、時間に少し余裕を持って訪れてみてください。くれぐれも屋上展望スペースの開放時間は夜の21時までなので間違えないように!また水中に浮かんでいる球状のライトは通常時はないので、来年また同じようなイベントがあるのかは今の所不明ですが、調べてからいくのをおすすめします。

オアシス21に行ってみた感想

インスタ映えといえばスイーツ系からスポットまで様々ある中、名古屋最強のインスタ映えスポットに行ってみた所、昼間と夜では全然違う景色をみることになりました。ライトアップといっても通常のものとは違い都会の中の芸術的な近未来的な建物がきらびやかに光っている様子はオアシスそのもの!インスタ映えSNS映えする理由もよくわかり、名古屋を代表する夜の観光スポットとして行くのも有りだと実感しました。また夜景だけではないのもオアシス21の魅力で、休憩場所として飲食する場所としても色々と楽しめる場所に思いました。

観光客からカップルのデートまで幅広い人が楽しめるオアシス21は観光名称としてオレ的おすすめなので、名古屋に訪れた際は寄ってみてはどうでしょうか。

名古屋市には他にもインスタ映え夜景スポットの「名港トリトンの橋」があります。こちらは海と橋がメインになり夕焼け時に行くと綺麗なコントラストが見れて、暗くなると橋がライトアップされます。

名古屋夜景スポット・名港トリトンの橋はインスタ映えスポット
愛知県名古屋市にある夜景スポットというと伊勢湾岸自動車道の名港トリトン橋や金城埠頭などの工場地帯の夜景が比較的有名です。夜景というと暗闇に浮かぶ明かりを見て楽しむもので、い...

オアシス21からは少し距離がありますが、カップルのデートコースとして夜景が見れるので合わせてみてはどうでしょうか。

また岐阜県関市にはただの池だった場所がインスタ映えすると話題になり突然観光地になった「モネの池」があります。県を越えても行く価値は十分あり、岐阜に行く際はおすすめなスポットです。

モネの池をスマホで綺麗に撮る方法!インスタ映え間違いなし!【岐阜県関市】
前の記事では、岐阜県関市にあるモネの池(名もなき池)までのアクセス方法や駐車場の情報、付近の様子などを紹介しました。そしていよいよモネの池の様子や写真映えしそうな写真の撮り...

ここもインスタ映えスポットとしてはかなり人気スポットになっていて、観光ツアーにもなるほどの人気ぶり!実際に行って見ると分かる池の綺麗さには絵画といってもいいほどで、写真好きな人が多く訪れる場所となっています。

インスタ映え記事では、風景からライトアップなどの絵になりそうな写真が映えそうなスポットを厳選して紹介していて、どこから見ると綺麗に見れるか個人的な意見を交えて詳しく解説しています。これから訪れる人にとって役立つ記事を目指しているので、もし行く際は参考にしてみてください。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク